823.7 | ryifb4 | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン
« 1003

823.7

返信

とんっと軽く屋根を蹴って飛び降りる。

下りる間にスカート裾の金具をいくつか外し、ワイヤーの束を一つ取り出す。

裏口の目の前に飛び降りると、引き戸のちょうつがいを外しにかかる。

まだ薄い金属の加工までできないのか、厚手の丈夫な皮製だった。


「やっぱアナログも大事よね~」


急ぎなのだが、このクラスの文明には感心させられることが多い。

単純構造なのと、天然素材特有の弱点をついてすぐに開けてしまう。


進入すると思ったより暗い。

少し体勢を屈めるだけで影に隠れてしまう。

そーっと廊下を伺うと、多少明るいだけだった。


「さて、下調べだともうちょっと奥に地下室の入り口があるみたいね」


ステルスをかけてから廊下に出て行く。

目的の部屋までは余裕で入れる。

問題はここからだ、地下室の扉の位置を探すのがめんどくさい。

ところが思案は爆発音に打ち切られる。


「なにやってんのーーーーーーーーーー!!!!」


思わず大声を出してしまう。

地下室の入り口を見つけたら合図をして、上で注意をそらす予定だったのだ。

それにこちらに向かってくる足音がする。


「もー!!」


仕方がなく天井にワイヤーを投げつけ足場を作り、飛び乗る。

そのまま息を潜め様子を伺う。

まもなく、一人が駆け込んできて床の一部を叩いた。


「敵襲だ、全員出せ!!」


すると、床の一部が持ち上がりぞろぞろと私兵が出てきた。


「…ラッキーv」


最後の一人が出た後、すぐ閉まったのでかなり用心深い。

何か合言葉とかあるのだろう。

しかし、入れるチャンスはすぐに来た。


また一人、駆け込んできたのだ。

何か物を探している気配で、そちらこちらの木箱を探している。

見つからないと判ると、地下室の扉を叩いた。


「捕縛用の網はあるか」

「あるが、どうした?」

「爆弾を投げ込まれて網が使えなくなった」


…なるほど、これを見つけたからフェイトは動いたのね……


チャンスはコチラにも回ってきた。

ステルスを解いて、網を取りにきた人の真後ろに飛び降りる。


「お兄さんゴメンねv」


ワイヤーを引っ掛けて、飛び降りた勢いで相手を天井まで飛ばして張りつけた。

少し間があって、地下室の戸が開いた。

結構大きな網のようだ、大人三人がかりで引きずりながら運び出そうとしている。


「それ使わせるわけにはいかないのよねぇ…」


無属性の刃を足に纏わせて無造作に網を踏んで地下室に入る。

困惑の声が聞こえるまで一分以上かかった気がしなくもない。

そのくらいあれば、第一目的のリュートのマントに仕掛けた発信機までたどり着いた。


「倉庫ね、ココも」


内部は油断しすぎで、網を取り出した後の倉庫のドアが開けっ放しである。

位置を知らせるように発信機に音を鳴らせさせ、それを頼りに見つける。


「よし、服も揃ってるわね…ってことはあらら」


何か余計なことに気がついてしまったが、それは置いておいて。

マントに服を包み出ようとした時に、ようやっとさっきの三人が倉庫に侵入者を捕らえに来た。


「鈍感。」


あんまり余計な殺生はしたくないのである。

三人が倉庫に入った瞬間、扉の近くに潜めていた月唯はひらりと倉庫を出て扉を閉める。

そして扉にワイヤーを張り巡らせ固定し、閉じ込めてしまう。


倉庫が通路の中ほどにあったので、本人は一番奥だろうと目星をつける。

迷わず一番奥の扉を目指し、一応用心しながら扉を少し開けた。

投稿者 ryifb4 | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.