1003 | ryifb4 | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン
« 979.6 823.7 »

1003

返信

 冗談じゃないというのはまさにこの事か。



 警備の場所柄、娼館の主たちとは顔見知り。

 そのため、よーく上出来のコを教えてもらっていた。

 ひいきの旦那にいたっては「ちいーっと練習台になってくれ」と裏で新人の相手をさせてもらったりしたわけで。


「まさかアルにその気があるとは」

「むぐっ…言っとくけど俺はリュートとしか相手してないからな!」


 非常に痛い弱みをエルに知られてしまったのが痛恨の一撃。

 この腹黒は事あるごとにちらつかせるのでうかうかしてられない。


「まったく、世話焼きが」

「うるせー、仕事で紹介してやったんだ仕事で」


 出会いは数年前の夜間警備の際だった。

 娼館街の夜間警備はかなり厳しい。

 トラブルの多い場所柄というのもあるが、モグリの取り締まりも兼ねている。

 リュートもそんなモグリだった。


「俺ら軍の制服見たら、普通のモグリは逃げるんだよな」


 しかし、リュートは逃げもせず逆に近寄って、誘ってきたのだ。

 周りから見ても、明らかに警備中の軍人に向かって。


「大胆というより…世間知らずだなアレは」

「軍を知らないぐらい世間知らずか?」

「そ。そこいらの箱入り娘よりひどかったぜ」


 自分達が軍だと言っても、どこ吹く風。

 ムキになって、その場で小一時間イチから教えてやったというか…説教してやったというか。

 そんでもって、その場の勢いで旦那に紹介した経緯がある。


「まったく…お人好しが」

「で、後日旦那から感想が来てな」


 洒落にならん、と一言。


「どこかで飼われていたのが逃げ出すか売りに出ないと、こんなヤツは出てこないんだと」

「裏の話か」

「まあな。でも売られてきた気配もないし、逃げてきたならそもそも娼館街に寄りつかねぇな」


 よく店から逃げたとかで借り出されるが、大概教会に逃げるか男連れで逃げるかどちらかだ。

 旦那もプロなので、そこらへんは俺より詳しい。

 そのプロがうなっていた。

投稿者 ryifb4 | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.