979.6 | ryifb4 | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン
« 829 1003 »

979.6

返信

かなり長い時間、橋のそばで待っていた。


「遅いな」

「うん…」


何回か同じやりとりを繰り返す。

その度に不安が少しずつ増えていく。

早く、戻って来て欲しい。



どのくらい待っていただろう。

消えるようなかすかな歌が聞こえてきた。


程なく、重い足取りでリュートが現れた。

返り血で前が汚れている。


ただ、様子がおかしい。


「リュート?」


声を掛けると重い動作で顔を上げた。

半分を血で真っ赤にして、向けてきた目は虚ろだった。


「…ぁ」


かすかに唇が何かつぶやいた。

それに気を取られ、リュートが崩れる瞬間を見逃す。

嫌な感じの鼓動。

慌てて駆け寄り、倒れる寸前に何とか抱きとめた。


「リュート!!」

「おい、何やらかした!」


二人で声をかけても、ぶつぶつと何かを呟き、震えている。


「…戻るぞ、どっちにしても見られるのはまずい」


フェイトが軽々と抱き上げたリュートを受けとる。

そのまま、人目をさけて小路を縫うように宿へ戻った。

投稿者 ryifb4 | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.