347.4 | ryifb4 | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン
« 823.2 804 »

347.4

返信

「舞え、舞い狂え」


次の瞬間、衝撃に続いて激痛が走り視界が歪む。


何が起こったか解らなかった。

暴走したラウドに真横に吹き飛ばされ、おもいっきり塀に叩きつけられたのだ。

まさかこんなことになるとは思うはずがない、油断した証拠だ。


「っぐ…何が原因だ…」


普段から術でラウドに枷をつけて押さえつけている。

その「枷」を外すのに失敗して暴走したとしか考えられない。

しかしその枷は自分が掛けたものだ、外すのに失敗する理由が無いし、考えられない。



「なーにやってんのよリュート」

「お前らか…」


割り込むように降り立つ二つの影。

いつも余計なちょっかいを掛けてくる二人組か。


「一大事だったら二択」

「俺のモノにキズつけたら承知しない…!」

「りょーかい♪」


軽い返事だったが、目が笑っていない。

その証拠に、きらりと月光を跳ね返した糸は一瞬でラウドの動きを止めた。


「ん~フェイト、やっぱり腕掴んで止めちゃって」

「月唯…すこしは踏ん張れよ」

「リュート~、ぼーっとしてないで早くやっちゃいなさい」


はっ、と我に返ると完全にラウドの動きは封じられていた。

ラウドの力は自分がよく知っている。

それを一分少々で鮮やかに止めたこの二人の力量は計り知れない。



こいつら一体何者だ?

投稿者 ryifb4 | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.