804 | ryifb4 | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン
« 347.4 754 »

804

返信

落ち着いてみると、やはり周りが見えてくるものだ。

そうすると前とは違うものが見えてくる。



たとえば、今やりあっていた暗殺者と術士は明らかに自分達を狙っていた事。

4人いたのだが、一人逃がしたのでラウドを追わせている。


「火消しに動いてるのか、邪魔なのか…両方かもしれないな」



たとえば、ユイとフェイトが予想以上に使える存在だったこと。

今も人払いの術をかけて人の目を完全に避けている。

その他にも子守や怪我の治療など小さなことから、逃走経路の確保まで何でもやってのける。

ただ油断していると、ユイに弱みを握られてしまうのが怖いところだ…



一番目に付いた変化はラウドの戦い方だ。

受身型の攻撃が一変していた。

素早く、鋭い一撃が相手を一瞬で倒した時は戦慄が走った。

それと同時に頼もしくも感じた。



少し、自分が弱くなったのかと錯覚するくらいに。

投稿者 ryifb4 | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.