530.2 | ryifb4 | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン
« 100 251.4 »

530.2

返信

頭が痛い。

呼吸ができない。


キモチワルイ…


苦しくて、苦しくて。


「ぐうっ……」

「少し、慣れるまでガマンしてくれないか?」


嫌いだ、リュートに「カキカエ」される時は。

起きると、体にひびが入ったように苦しい。

体と心がばらばらになったみたいで…


「う…ぐぁっ…」


苦しくて何かにすがりつく。

こうでもしないと壊れそうで…


「いてて、ツメ立てるな」


聞こえる声すら感覚が狂う引き金になって。


必死に「何か」に抵抗する。

頭の中にある違和感。

その違和感を受け入れられなくて。


「りゅ…と、くるし…っ…」


自分が何を言ったかすらわからない。

ひどい違和感。


耐えられない。


そう思うと、すとんと落ちる感覚。

苦しさが消えていく…このまま落ちれば…







「逃げるな、ラウド」


縛る声。


「受け入れろ」

「うぁぐっ…」


自分を縛る声。

また、混沌とした苦しいセカイに引き戻される。


この声…聞きたくない…!


「う…っあああああああっ!!」

「ゆっくりでいい、受け入れろ」


でも、低く抑揚のない声に抵抗できない。

違和感にじわじわと侵食されていく。


「イ…ヤだっ……イヤ…だ」


声を聞きたくなくて耳を塞ぐ。

がたがたと震えが止まらない。

ぞわぞわと侵食される感覚が、キモチワルイ




訳がわからないままなにか叫んだ気がする。





「まったく…世話の焼ける」


髪や背中を撫でる手。

ひびが入ったような体に心地よい感覚。


「疲れただろ。しばらくお休み、ラウド」


一番安心する声が聞こえる。

この一瞬は…嫌いじゃない…



http://ryifb4.sa.yona.la/1

投稿者 ryifb4 | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.