823.1 | ryifb4 | sa.yona.la help | tags | register | sign in
« 943.5 133 »

823.1

reply

ふっと眠りから醒めて…意識を失う前に何があったか思い出し飛び起きる。


「んぐっ!!」


ぎりっと皮の軋む音。

冗談じゃない。


「ぐっ!…むうっ!!」


暫く暴れてみても緩む気配すらない。

ご丁寧に主要な関節を固定し、目隠しと猿轡まで噛まされている。

無傷で捕まえる気なのか。

よっぽど注意深く気配を探らないと逃げられないか。


動きを探るため意識を集中して、程なく。

複数の足音が近づいてきた。

足音はすぐ近くまで近づいて止まる。


「こいつが探していた二人の内の、術士か?」

「はっ、間違いありません」

「こいつが…術を二つも葬ったヤツか」


厄介なのに捕まった…

随分前にやりあった同類を裏で支援しているヤツららしい。

最近のひんぱんな襲撃もこの支援者の仕業か。


「ええ、もし同じ計画の行方知れずの術だとしたら一番完成に近い」

「術士がいるのなら、術もこの街のどこかにいる。急いで探せ!」


甘いな。

悪いが、何もなければ隠し通せる自信はある。

ラウドがそう簡単に勝手に出てくるわけが無いし、今は「3人」で旅をしているのだ。

やつらが「二人組」に目が向いている限り見つからない。


問題はやはり…


「術士はどうしましょうか?」

「再調教だ、早朝にその場がある街に移動する」


術を扱う「術士」に替わりはいない。

対になる術士がいれば、術は手足のように扱える。



朝までに何とかしなければ…


「了解しました、では念のため逃げられないよう『香』を焚いておきます」


言い終わらないうちに重い樹脂の匂いがする。

催眠術用の樹脂の匂い。

どこまで用意周到なんだっ!


「んっ!んんん!!」


やられる一方では気が済まない。

しかし、拘束はまったく緩まない。


「対術用の拘束だ、無駄なあがきはやめておけ」

「んぅ…んぅんんん!!」

「あまり香が効いてないようですね、薬も使いましょう」


猿轡の隙間から何か液体を流し込まれる、そして下に手を入れられ薬が流れ込む感触。

ぐらりと感覚が傾き、力が抜けていく。


「うう…んうう…!」

「手馴れているな」

「こうすると効きが早いんです、これなら朝までおとなしくなります」


力が入らなくなり、さっきまで効かなかった香がじわりと効いてくる。

思考にもどんどん霞がかってくる。



このままでは終われるか…!

posted by ryifb4 | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.